« 代々木Bogaloo | トップページ | 曲を作るとき »

種まきびとのものつくり

最近気になっていた本を買いました。
Photo
『種まきびとのものつくり』
高知の山の中で、夫婦で自給自足生活をされている方の本です。
小説以外で久々に買った本だったんですが、
もうこれがドンピシャでした。将来こういう生活がしたい!と思いました。
人も動物だから、自然のサイクルの中で生きるのが一番自然で気持ちいいと思っています。
でもだからといって、今まで自給自足とか田舎暮らししたいとは思って無かったんですが、
これを読んだら、まさに理想の生活、こういう生活をしたらきっと幸せだろうと感じました。
完全自給自足までいかなくても、半自給自足がしたいです。
この本に書いてありましたが、少し前まで、
服や食べ物や、身の回りのものは自分たちで作っていた、と。
私の時代はもう消費社会になってましたが、確かについ最近までそうですよね。
布仕事など物を作るのは好きだし、木工も好きなので、
将来的には本当にこういう生活をしようと思います。
勿論音楽活動や作品作りもやっていきます。
初めて理想の生活がみえて、将来が楽しみになりました。

世界では争いが終わらなくて、
日本でも今回大変なことが起きて、
それを良い方向に変えたくても個人の力では難しい。
例えば内戦地域にボランティアに行く。
例えば被災地にボランティアに行く。
勿論少しは力になるけど、根本的なものは変わらない。
一番は政治を変えなきゃいけない。
政治家になって、少しずつ上へ上がって、世界に影響力のある人物になる。
そうやってぐるぐる考えたことがあるけど、途方もない話だなぁと。
政治家になって頑張っている人は本当に凄いと思います。
それで毎日テレビのニュースで、私じゃどうすることも出来ない
酷い現実を見るのは嫌になって、テレビを見るのはやめてしまいました。
そしてある日、私が内戦に巻き込まれた子供の話「少年」という曲をライブで歌ったら、
高校時代の友達が、同じように世界のことを悲しく思っていたらしく、感想をくれました。
正確ではないですが、リングワクチンにたとえて、
一人一人が自分の周りの生活を大事に、平和な生活を送って、
それで一人一人の平和な生活で世界中を囲っていったら、
いつか紛争も無くなるんじゃないか、という話でした。
それは凄く素晴らしい話だなぁと、感銘を受け、
今もずっと覚えているし、これからも忘れない話です。

一人一人が大事に生活を送る。
何も変わらないじゃんと言われるかもしれないけど、
これを世界中の全員がやったら、変わると思うんです。
心にゆとりを持って、隣人に微笑んだら、その人も微笑むと思うし、
そうやって平和を感染させていく。

この本の著者も、変えられない世界に直面し、
自分の暮らしを変えるところから何かが変わると思われたそうで、
あぁもうこの方の生き方が行き着く先かなと思いました。

Img_1500
先日ソラマメが安かったので買ってきて、
鞘から出して茹でて皮をむく、という作業を初めてしたんですが、
すごく豆が可愛くて、いとおしく感じました。
スコーンを作るときに小麦粉とバターを手でこねたり、
食材に手で触れるのって凄く楽しいんですよね。
それを考えると、野菜を育てたり、味噌を作ったり、
大変そうに思えて、やったらきっと「楽しい」の方が大きいと思います。

長くなっちゃいましたが、理想の生き方を見つけたのでした。
こう考えてるけど、今はまだマックのランチセットとかたまに食べたりする人です^^;

|

« 代々木Bogaloo | トップページ | 曲を作るとき »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 代々木Bogaloo | トップページ | 曲を作るとき »