« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

pink cow、そして今日赤坂。

先日は渋谷pink cowにてライブでした。
Img_0293_2
今回尺八の神永大輔さんに誘っていただき、
初めて尺八との共演。
どういうふうになるんだろうと思っていましたが、
すごくマッチしていて。
私はただいつもの曲を弾かせてもらったんですが、
神永さんは普段からいろいろな楽器やジャンルで演奏されていて。
今まで同じフレーズの繰り返しのところとか、
少し単調になっちゃうなと思っていた所があったんですが、
尺八が入って曲が良い方向に広がった感じがしました。
私もライブで神永さんの音を聴いてこれは!と思っていたので、
今回共演できて凄く良かったです。
また是非お願いしたいです。

Img_0295
このお店は普段外国の方が集まるお店で、
MCも英語でとのことでした。
わたし英語に対して苦手意識が強く、
ちょっと余裕も無かったんで紙に書いてきたんですが、
結局紙に書いたこともあまり読まず、てんぱってしまいました(汗)

Img_0297
それとこの後ろで絵を書いている綺麗な女性が、
私のときも絵を描いていたんですが、
終わってからなんだか凄く褒めてくれて。
眉毛をハの字にしてbeautiful voice!とか色々言ってくれていて
外国の方にも伝わったんだと思うと凄く嬉しかったです。
あとここに写ってる方々のジャズ、めちゃめちゃ良かったです。

あと急遽、今日もライブです。

3/26(金)『LIVE2.0』
18:00open/18:30start●前1,800円/当2,000円
Drained Cherry/テツオウ/渡辺アイ/菅野翔太
赤坂MOVE(赤坂)
東京都港区赤坂2-17-55 サイバーフォースビル4F
http://akasakamove.syncl.jp/

タイトルに2.0と付いているように、
インターネットを使って何かやるらしいです。
2.0の意味をよく分かってないですが。
あとお笑い芸人さんのトークもあったり、
「新感覚ライブイベント」なのだそう。
色々あるみたいなので、
最近テンション下げ下げな私ですが、
今日は頑張って上げ上げで行ってきたいと思います。
良かったら!来たり来なかったり!してください!

| | コメント (0)

生きていると。

生きているといろんなことがあるけれど、

全部生きていく上で必要なもので、

無駄なものなんて一つもない、と思う。

だから、全部全部吸収して生きていこう。と思う。

喜びも怒りも哀しみも楽しみも、

全部必要なもので、

人はみな違うから、

ときに傷ついたり傷つけたりしてしまうけど、

それが人間なわけで。

それを恐れてたら何にもならないと思うし。

私は昔から我が強い上に負けず嫌いで、

何とも面倒で迷惑な人間だけど、

それは今更変えられないのも事実。

いつも後悔のないように行動して、

その結果生まれる何かが私を構成していって、

それがたとえ形が悪くても、

それが私な訳で。

その結果、皆さんに面倒かけるかもしれないけど。

その点はごめんなさい。

日々起こることは必然で、

だからそれらは全部受け入れて生きていく。


全ての出会いを大切にして生きていきたい。

人も。モノも。形無いモノも。


音楽を始めてから特に、

素晴らしい出会いが沢山あるなと思う。

そう考えると、すごく幸せなのかもしれない。


明日が嬉しくても悲しくても、

やっぱり全部を受け入れて生きていこう。

| | コメント (0)

尺八と。

だいぶ間が空いてしまいましたsweat01
前回の13日の下北沢YURAxでのライブ、
会場の雰囲気も良く、とても楽しくできました^^
ありがとうございました☆

明日は70代の女性のお友達と、三味線を弾きに行きます。
民謡を弾いたり歌ったりしてきます^^

22日は、渋谷でライブです。初めて、尺八と共演します。
神永大輔さんという、とても素敵な音色の尺八を吹く方です。
尺八と合わせるとどうなるんだろう、と予測付かなかったですが、
リハで合わせてもらって、こんなふうになるんだという驚きと、
とても良い感じになっていたので嬉しかったです。本番が楽しみです♪
ただ、外国の方が多いイベントだそうで、
英語でMCをするのがなんとも不安ですが(汗)
これから考えなきゃ・・・!

3/22(月)『Japanese Lounge Night #11』
19:00~フリーエントランス
The Pink Cow (渋谷)
東京都渋谷区渋谷1-3-18ビラモデルナB1F
http://www.thepinkcow.com/NewHome_j.htm

| | コメント (2)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »