« 下北沢 | トップページ | asian cafe »

空と壁

最近パエリア食べすぎです。
う~ん食べすぎだ。
これは別に優雅な食事をしているわけではなく。
そういう環境に居るんです。

Sora_3

最近の空。
雲一つ無い青空もいいけど、
真っ白い雲がぽかぽかと浮かんでいる青空もいい。
そして縦横無尽に走る電線が好きだ。

Kabe_3

部屋の壁。
前に池袋の古本市で買った写楽と、
暇なときに折り紙を切り抜いた雪の結晶が貼ってある。
浮世絵は他にもいくつか買ったけど、
気に入って飾っているこれが一番配色的に地味だ。
他には富嶽三十六景や、三味線を持っている女性の絵などを持っている。
だから何だっていう。ね。
あとは文字で構成する曼荼羅を書いて貼りたいのだけど、
時間がかかりそうでまだ取り掛かれていない。

生きているからには時流の中に乗っからなければいけないのは分かっているが、
なんだか気乗りせずに眺めている。
しかし何はなくとも乗らなきゃいけないんだろう。
ジッとして眺めているのもそれはそれでつらいし。
でも一度時流に乗ったら死ぬまで走らなきゃいけないんだろう。
自分は走りたいのか走りたくないのか、分からない。
でも走った方がいいのだろうと思うから走る。
ただ、このいつまでも続く時の流れとは何なのだと、
生きるってことは何なのだと思う。
私の家系はどうも長生きなようで、祖母は今97歳になる。
仮に私が97歳まで生きたとしたら、あと72年生きなきゃいけないのだ。
な、長い(汗)
今改めて計算してみたけど長い。。。
あと72年も、生きるって何って思いながら生きていくのか(汗)
それとも途中で分かるのか、そんなことどうでもいいじゃないかと思える日が来るのか。
とりあえず走るしかないか。明日も明後日もその先も
余計なことは考えずただただ走るしかない。

|

« 下北沢 | トップページ | asian cafe »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 下北沢 | トップページ | asian cafe »