« 魅惑の三味線屋さん | トップページ | カエルの箱 »

三味線用カポ

Sawari Sawari2

数日前押入れを片付けていたら、お宝を発見しました。

私が中学1年の頃、
おばあちゃんが三味線は難しいから民謡だけにするといって
三味線やめちゃったんですが、
逆に私は民謡はしんどくて三味線やりたかったので、
それを期に一式譲ってもらって三味線を始めたのでした。
今は民謡も大好きですが。

そのときこういうの貰った記憶はあったんですよね。
でもどこにやったか分からなくて。
そしたらやっと見つけた~るんるん
移動さわり、って書いてあるけど、ようするにギターのカポタストだ☆
貰ったときは使い道も知らず、特に考えもせず、
でも最近になってあれってカポじゃないのかなぁ、どこにあるんだろ、と気になってた。
今こそ必要なものだ~。やっと日の目をみました♪

私の曲は1尺7寸~2尺1寸(調弦の高さ)まであって、
三味線の音はギターとかに比べ狂いやすいので、
ライブをやるときは差の大きい調弦は無いようにしている。
丁度都合よく、最初にやる激しい曲が7寸で高く、
いつも最後にやる「星のみえない空」が2尺1寸で低いので、
ライブではなるべく調弦が低→高になる曲順にしているんです。
でもこれがあれば、少し選曲が自由になるかも♪
調弦もいつも時間とっちゃうし。

でも移動サワリって書いてあるけどサワリの効きが全然ダメで。
サワリとは、1番太い糸に微妙に触れることによって、ビィーンと音を響かせるものです。
サワリが付いてないと音量も響きも小さい。
ペンペンという感じで、深みの無い音になってしまう。
勘所がずれることに関しては、慣れれば全然問題なさそうだった。
でも音質が悪くなるから、すぐには使えないなぁ。
ちょっとサワリを改良しないと。。。

それにしても三味線用カポなんて、今まで他で見たこと無い。
私が見かけてないだけ・・・?でも需要低そうだし。
今「移動さわり」で検索してみたら、変なのしか出てこなかったし^^;
あと、こんな木の箱に入れて金押しなんて、やっぱ和楽器の世界だなぁ。。。

でも新しいアイテムが手に入って(というか持ってたんですが^^;)嬉しい~♪

|

« 魅惑の三味線屋さん | トップページ | カエルの箱 »

日記」カテゴリの記事

コメント

『風雪ながれ旅』を三味線で弾いて、
尺八の1尺8寸と合わせて吹いてみ
ようと思っていたのですが、
三味線譜の運指だと一の糸がGで
音が高すぎてすぐに糸が切れそう。
三味線カポタストで検索をしていたら、
こちらのサイトに三味線カポのことが
書いてあったので参考にしてみたいと
おもいます。

投稿: さすらいの尺八マン | 2012年2月 5日 (日) 午後 06時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魅惑の三味線屋さん | トップページ | カエルの箱 »