« 白いハト | トップページ | きみの存在 »

夜の散歩

今、スペイン料理屋でアルバイトをしていて、閉店が23時なので、
帰宅が終電になることがたまにある。
今日は友達と話し込んでいたら終電を逃してしまい、
家から歩いて30分の駅に行く線が動いてたので、それに乗って帰った。
でも最近、歩くのが楽しい。
夜の散歩なんて特に。
だから逃してもいいや、っていうのがあったんだけど。
家の最寄駅からは徒歩8分で着くので、それだとちょっとつまらない。

最近、30分とか1時間とか、歩いてると曲が思い浮かびやすいので、
積極的に歩くようになった。
曲をつくるときは、散歩してるときに限らず日常に、
ふっとワンフレーズ歌詞とメロディが一緒に出るときがあって、
それを膨らませて作っています。
それを膨らませるとき前は机に向かってたんだけど、
歩いてるとスムーズに浮ぶと最近気づいた。
それと伴奏は、いつもメロディと歌詞が出来たあとに
三味線持って考えてたんだけど、
この間作った「晴れた日の午後に」は、
初めて楽器がない状態で歩きながら考えた。
今まではよく考えたら、
メロディ作ったときに微妙に伴奏の音が頭で鳴ってたんだけど、
三味線を持つと、三味線で弾きやすい伴奏に変わってしまってた。
それだとなんだか広がらなくて、三弦しかないし、
三味線で伴奏を作ることに苦悩してたんですが、
楽器を持たないで作るのはいいかも、と思った。
それの方が弾きやすい動きとかにならず、
ほんとにそのメロディに合った伴奏が作れると思うし。
ちなみに曲が思い浮かぶと、携帯の録音機能に吹き込んでいる。
だからこそこそ歌わなきゃいけないので、人通りが少ない方がいい^^;

私って、楽器の人じゃないんですよね(汗)
曲を作る人なのかな?あるいは歌?
楽器やってる人ってきっともっと沢山練習してると思う。。。
私は覚えるものが無いときは弾かなかったりするし。。。
練習はしなきゃいけないんだけど(汗)
ほんとに三味線好きな人はずっと弾いてるんだろうなぁ。
なんかすいません、こんなんで(汗)
でも元々「三味線で何かやりたい!」ではなく、
「自分の中の曲を表現したい!」だったので、
三味線は偶然その手段になった訳で。。。
ギターやってたらギターでやったし、ピアノやってたらピアノでやった。
私は三味線やってたので、なんか珍しい感じになっちゃいましたが。
やっぱり曲を作りたい人なのかな。うんそうなんだよね。
でも津軽三味線は勿論好きですよ。
そうじゃなきゃ12、3年もやってないし。
でも津軽三味線は津軽民謡を弾いてるのが一番かっこいいと思ってる。
唄と、踊りと、太鼓と合わさってるのが一番かっこいい。
そう思いながら、違う使い方してる私って一体。。。

|

« 白いハト | トップページ | きみの存在 »

色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1212881/31295407

この記事へのトラックバック一覧です: 夜の散歩:

« 白いハト | トップページ | きみの存在 »