« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

無事終わりました~

散る歌vol.8、無事終わりました~。
来てくださったみなさん、どうもありがとう御座いました☆

いやー楽しかったです。ライブって楽しいですね。
ライブを始めた頃はほんと緊張がまさってましたが、
やっと最近毎回楽しめるようになってきました。
今回ほんと素敵だなぁと思うアーティストの方が多くて、とても勉強になりました^^
あと、時間に余裕があったので長めにという感じだったのですが、
長めにしようとトークをしすぎてしまい、逆に5分押してしまいました(笑)
時計してたのに、見るの忘れてました(汗)
散る歌さんのサイトでまた写真などライブの様子をアップしてくださると思うので、
アップされましたらまた報告しますね。

それと明後日30日は、「京葉民謡舞踊連合大会」というのに出ます。
これは私が元々住んでた江戸川区の京葉地区にある民謡、舞踊の会が集う発表会です。
私はたしか小学6年から出てます。
三味線は中1から始めたんですが、その前に1年間民謡(唄)をやってたんです。
それで、習っていたら唄より三味線をやりたくなり転向。
唄を再び始めたのは高校卒業してからです。
そんなこんなで、この発表会に出るのは多分14年目でしょうか。

8月30日10:30~夕方まで 東部フレンドホール(都営新宿線瑞江駅徒歩1分)
「第26回京葉民謡舞踊連合大会」

入場無料なので、お近くの人は、、、といっても、あくまで趣味でお稽古している人々の発表会ですが。
私は唄1つ、曲弾き1つ、合奏1つ、伴奏8つの、計11曲出る予定です。
唄→津軽あいや節
曲弾き→津軽じょんがら節
伴奏→りんご節、津軽三下り、南部酒屋もとすり唄、外山節、
     道南口説(これは2回ある)、津軽願人節、津軽小原節
今私は自分で作ったポップスやってますが、民謡好きなんですよねぇ。
民謡は超かっこいいと思ってるので、もっと若い人やっててもいいのになぁと思います。
今度またライブでも民謡やろうかなぁ。民謡やりたいなって人が増えてほしいなぁ。

さぁ~明日は練習しなきゃ。。。
今日まで自分のライブの練習ばかりやってたので。。。
そういえば、今日の会場にズボン忘れてきちゃいました(汗)
今度取りに行かなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高田馬場mono

これからライブです♪

8/28(金)散る歌~チルカ~VOL.8
18:30open/19:00start
前売り\2000/当日\2500
「livecafe mono」…高田馬場2-18-6柳屋ビルB1(高田馬場駅徒歩1分)

もし良かったら、どうぞいらして下さいhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蚊に刺された

昨日は久しぶりに代々木公園へ練習に。
入口に着いてから気づきました、、、
虫除けスプレー持ってきてない!
でも何とかなるだろうと、
一番気に入ってる森の中のような場所があるのですが、
そこの倒木に荷物を置き。
でも始めてすぐに、足がすごく痒くなってきた(汗)
しかもよりによってスカートで来てたので。
もう薄暗かったので蚊もよく見えず、
それに蒸し暑くてベトベトするし、
すぐに帰りたくなりましたが、
しばらく我慢したら痒いピークも過ぎたので続行しました。
帰ってから蚊に刺された数数えたら、、、
なんと42箇所・・・。
刺されすぎだ~(汗)
左足のくるぶし辺りにそのうちの20個が集中してました。
虫刺されというより、かぶれたような見た目に・・・。
刺されやすい人ではあるんですが・・・。
蚊を甘くみてはいけないですね。
まだ痒くなります(涙)
虫除けスプレーは必須だと痛感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ですね。

今CDを作ってまして、数日前レコーディングしてたんですが、
今回で一応音録りが終了しました。あとは編集を残すのみ。
あ、あとジャケットなども考えなくては。
一応使いたい写真を撮ったのですが、まだ現像に出してません。
夜中に撮ったのでちゃんと写っているかどうか。
一応満月の晴れの明るい夜に、バルブ開放で撮ったので、写っていると良いな。

ここ最近歩いていて新しい曲が思いついたので、
早くそれも形にしたいです。
かなりポップなメロディになったので、自分でびっくりしているのですが。

今年の夏は暑くないですね。
今年は太陽の活動が弱いそうですよ。
黒点の数が少ないそうです。
それで太陽風が弱くなって、雲が出来やすくなり天気が崩れることが多いそうです。
夏は暑いほうが好きですが、東京は通常ならうだるような暑さになるので、
涼しいのもまた快適で良いかなと。
今日帰ってきたら、お隣の月下美人が咲いていました。
年に1回しか咲かない花で、今年はもう春に咲いたのですが、また咲くなんて。
きっとこの微妙な天気に惑わされたのでしょうか。

そういえば世界では温暖化を問題視していますが、
温暖化は実際はほとんどしていないはずです。
地球の大きな周期に人間の力が及ぼす影響なんてほんの少しです。
やれ温暖化だやれエコだと騒いで、結局は利益を得ることだけを考える人間のエゴです。
温暖化が騒がれだした頃、
私は人間の活動によっての温暖化なんてたかが知れてる、と言っていましたが、
それに納得していなかった人が最近になって
実際は温暖化してないらしいよ、と言ってきました。
いやそれ私前に言ってたじゃん^^;
でもまぁエコだと騒ぐのは結果的には良いかなと思います。
ビニール袋を使わないとか、実際良い事ですしね。

ではまた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピアノの調律

この間ピアノの調律をしました。
多分ブログには書いてませんでしたが、私ピアノの調律するんです。
いつもやるのは定期的な調律なんですが、
今回はレコーディングに1日付いての調律。
いやーとても勉強になったし、楽しかったです♪

調律後も音が簡単には下がらないように調律するのは大切だなぁ。
ってそりゃそうなんだけど、いつもは合わせて終わりだったので意識が少し薄かった。。。
調律の先生が、
「調律とはハンマーでピンを回すことじゃなく、鍵盤を叩くこと」みたいに言ってたけど、
ほんとそうだな~と思った。
ただ鍵盤を強く叩くだけで、どんどん音は下がる。
ハンマーで音がピッタリ合うところに持っていくのは簡単なんだけど、
そこから弦がゆるむことを考えると、若干張り気味にピンを回して、
そしてガンガン鍵盤を叩きハンマーも軽く叩き、弦を戻させる。
そうやってピッタリのとこにもっていく。
でも鍵盤を叩くと、1つの鍵盤に弦が3本張ってあるから他の2本の弦も叩いてるわけで、、、
すでに合わせた弦が下がらないように合わせなきゃいけない。
それにピンは1本1本ゆるみ具合も違う。
回りやすいのもあれば回りにくいのもある。
そうやって、基音を合わせて、オクターブを合わせて、1つの音に対し3本の弦を合わせて。
そしてそれを88個やる。
こうやって書き出してみると凄く面倒な作業だ。。。
でもこれが、楽しいんですよね。
とはいっても、私の場合は3時間くらいかかるんですが、
最初はルンルンで作業を始めるんだけど
最後の30分くらいになるともう、早く終わらせたいよ~とイヤになってくる。
でもよく考えたら3時間休憩無しにずーっと集中してるわけで、
イヤになるのもしょうがないかな、と最近思った。
でも結構考え事しながらやってたりもしますが(笑)

それでこの間は、今までで一番ガンガン鍵盤をたたいた。
最初の調律は今までの「下がらないようにする意識が若干薄い調律」だったので、
1曲とり終わる頃には下がりやすい鍵盤が結構下がっていた。
それで数個の鍵盤を合わせた。
その後激しい曲のあと、全体的に下がってきたとのことで、
88鍵全部オクターブから3本の弦から、ずれてる音を急いで1時間くらいで合わせた。
合わせた後どうですか?と聞いたら一通り色々弾かれた後、
ばっちりです、きれいな音と言ってくださったので、一安心。。。
その後残りの曲では呼ばれる事もなく、レコーディングは終了。
いやー、今まであんなに叩いたことなかったし、
あれだけ叩いたらほんと下がらなくなるんだと今更分かりました(汗)
ほんと調律はハンマーじゃなく鍵盤を叩くことなんだな。
本業が調律師の人には当たり前だって言われそうですが(汗)
いや~、本当に勉強になりましたし、楽しかったです。

最近調律したあと適当に即興になってない即興を弾くんだけど、
だんだんピアノをちゃんと弾きたくなってきた。
小学生の頃習い、高校の頃は遊び程度に弾いてその後触ってなかったんだけど、
調律でピアノに触れるうちにピアノってイイ楽器だな~と思うように。
そりゃあ勿論どんな楽器もイイ楽器だけどね(笑)

調律は、「フニャ~ン」と鳴ってるのが「ピーン」と一切の濁りも無く合う瞬間が楽しい♪
私の中では中音域の音が微妙にずれてるときの音が
「シュワーン」と宇宙的なのと「ニュアーン」と猫的なものに聴こえて、
あ~宇宙になってる、とか猫になってる、なんて考えながら調律してます^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お地蔵さん

Hi351823 Hi351824
雨の井の頭公園にて。

お地蔵さんだ、と思い手を合わせてみてから、おや、と思った。
手を後ろに組んでいる。
それによく見ると胸とお腹がゆるやかに膨らんでいる。
これはおそらく女性ではないのか。
後ろ手が気になり、失礼して後ろに周ってみると紙が貼ってあった。
「毛糸では暑いと思い 十分くらいで作りました
寒くなったら ステテもかまいません」
赤い帽子を作った人の言葉のよう。
お茶も置いてあるし、地元の人には多分お地蔵さんとして大事にされているのだと思う。
でもこれは多分お地蔵さんとして彫られたものじゃないのではないか。
改めて写真でみたら、襟ぐりもあるし、裾も広がっていて、
これはワンピースを着た女性だと思う。
切られた木の上に置かれているし、
どうしてこうなったのか経緯がとても気になる。
案外地元の人はその真相を知っているのかもしれない。
本当の所は分からないけれど、
なんだか勝手に物語を感じてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »